TOP

まだまだ未知の可能性を秘めている風俗業界を詳しく分析してみました。

千葉の実家に帰ってすることが風俗やデリヘルなのはどうなの?

デリヘルの予約も完了したので、千葉の実家から西船橋に向かうことにしました。千葉駅から西船橋駅までは30分ぐらいですかね。特に何かをするわけでもなく、のんびりしていると西船橋駅に到着しました。西船橋駅の北口から出るとロータリーがあり、その向こうには風俗店があります。とは言え風俗店の数はそんなに多くなく、栄に比べると規模の小さい風俗街です。今回はそこの風俗店には用がないので、線路沿いの道をラブホテルに向けて歩くことにしました。程なくしてラブホテルに着きました。ラブホテルの大きさは千葉県にあるラブホテルとして見ると少し大きめですね。デリヘル嬢が来るまでにはまだ時間がありましたが、特に寄るとこもないので、ラブホテルで待つことにしました。時間に余裕があったので、ゆっくりとシャワーを浴びることにしました。シャワーを浴び終わり、お風呂場を出てベッドに座りながら待っているとデリヘル嬢がやって来ました。やって来たデリヘル嬢は、身長が高目で綺麗系の顔つきの女性でした。今回はいつもに比べ心に余裕があったので、いきなりプレイにいかず雑談をすることにしました。デリヘル嬢も千葉県生まれの千葉県育ちで、今も千葉県に住んでいるそうでした。雑談の方は、千葉県民しか分からない県民ネタで大いに盛り上がりました。話も盛り上がったところで、プレイにいくことにしました。まずは軽いキスから始め、そこから舌を絡め合うディープキスに移り、そのままお互いの身体を舐め合いました。デリヘル嬢の高身長に比べると少し物足りないオッパイの乳首を舐めてやると、可愛い声を出してきました。とても可愛い声だったので、乳首や愛液溢れているアソコを徹底的に攻めました。ただ調子に乗って攻めすぎてしまい、まだ一発も逝ってないのに残り時間が少なくなってしまいました。流石に風俗で逝かないで終わるわけにいきませんので、攻めるのを止め、素股の体勢に移りました。とは言え、お互いの性欲がだいぶ高まっていたので、すぐに逝ってしまいました。その後はお互いに着替え、ラブホテルの入り口で別れることにしました。全く実家に帰ってすることが風俗とかどうなのだろうかと微妙な気分になりながら西船橋駅に戻ることにしました。


演技してくれると嬉しい

デリヘル嬢は男性を満足させるためにサービスをしてくれるので、演技をしてくれることが多いですよね。本当に感じているかどうかは別として、私は女性の喘ぎ声が大好きです。たまにやり過ぎかなと思うような女性もいますが、それでも声を出さない人よりはマシです。先週利用したデリ嬢は、最後手のサービスでフィニッシュを迎えたのですが、良い感じで声を出してくれていました。私は完全に横になってサービスを受けているだけなのに、声を出してくれます。何もしていないので女性が感じることはありえませんが、私の興奮具合に合わせて声を出してくれていたので、その声にも反応してフィニッシュしたのです。やっぱりデリヘル嬢は演技力が大事ですね。ただ、以前には全く無反応なデリヘル嬢ともしたことがあります。何をしても一切声も出さないし、体も反応しない女性だったのです。そのときは、全くといっていいほど私も興奮することがなかったので、全然楽しめませんでしたね。


手頃なイメクラを利用

もう少しだけ体調を整えたいなぁって思っていたので、風俗の力を借りることに決めました。どうせお店を利用するならなるべく料金の安いイメクラのサービスを受けてみたいと考えたから、早速こちらの店舗に行ってみたんです。調べてみると地元って意外とイメクラ店の数が多く比較しながら最良だと思えるお店を探す楽しみを味わえたし、可愛いと思える女の子がいる店舗も見つけ出せたから、早速こちらの方に通ってみました。若干遠い所にある風俗店だったけどこちらの方にまで行くのは難しくなかったし、コスプレ衣装を着た女の子と出会えたので満足です。今回私と交流してくれた女の子はメイド服を着たスタッフだったのだけど、小柄な彼女の可憐さをより向上させた感じで素晴らしかったです。そんな可愛らしい外見をした彼女にフェラチオをさせると、なんだか自分がとんでもなく鬼畜になった気がします。一応シチュエーションとしてはメイドにいやらしい奉仕をさせる旦那といった感じで、一種の征服欲を満たせた感じになれましたので最高でした。