TOP

まだまだ未知の可能性を秘めている風俗業界を詳しく分析してみました。

歴史ある小倉の街とデリヘルの共存

九州の福岡県北九州市小倉北・南区は総称して小倉と呼ばれており、小倉地区は観光の名所がいくつもある観光都市としても有名です。小倉地区が観光の名所になった理由の一つとしては小倉駅に新幹線が乗入れており、博多や熊本へアクセスでき、本州方面へ向かう際は山口県下関を抜けて北上する事もできますので小倉から全国各地へ、全国各地から小倉へ向かうことが出来ます。小倉が北九州市の中で最も有名なのは小倉駅周辺に広がる城下町と市場の影響が大きいことが伺えます。小倉城は駅から徒歩10分圏内に位置し、その周辺の街は栄えていることから訪れる観光客も多く、歴史好きな方が訪れることもあるそうです。細川忠興公といえば歴史好きな方からしたら外せない人物ではないでしょうか。小倉城のを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。戦国時代から江戸時代を駆け抜けた細川氏と縁のある小倉は現在でも有名といえることでしょう。小倉は海や山があり海の幸や山の幸にも恵まれており、食物が非常に新鮮で美味だと言われております。観光名所でもあり、特産物の多い小倉はまさに住みたくなるような街となっており、現在では人口100万人を越す百万都市と言われています。人口が多い、という事は街には色々な商業施設やアミューズメントもあり、公営ギャンブル施設が全て揃っている小倉では時折、治安の悪さも耳にしてしまいます。何故か公営ギャンブル施設の周辺は「治安が悪い」「怖い人が街を歩いている」等の声が聞こえてしまい、確かにそう言った類の方を見かけたり、街として何処か歪な雰囲気を感じる部分もありますので必然的に何かが引き寄せてしまっていると感じます。また公営ギャンブル施設の近くには決まって風俗街があったりラブホテルが多いので、ギャンブル後に風俗店やデリヘルを利用する方も多いのではないでしょうか。昔から言われていることですが、ギャンブルにお酒と風俗は付き物で、男性がこよなく愛する娯楽として代表的なものになります。世代が変わってきている中で若い方がこの考えを持っている方は少ないかもしれませんが、現代の50~60代の方はまさにこの世代ですので至極当たり前なように語る方も多いようです。しかし、風営法改定が施行されていこう風俗店のあり方が大きく変化してからというものの、店舗型の風俗店の姿は減ってしまい現代ではデリバリーヘルス(デリヘル)が主要な業種になってきています。デリヘルは無店舗型風俗店ですので小倉のような歴史的建造物のある観光名所の景観を損なうこと無く運営出来るので、デリヘルに対しては行政の寛容な態度を取っています。デリヘルの利点としては観光地であっても運営ができる所で、プレイルームとして利用できる施設があれば成立してしまうので、デリヘルを運営する方も利用する方も気軽に展開出来るのです。デリヘルは観光地であっても運営を問題なく出来ることから共存は問題無く出来ているといえるでしょう。


手頃なイメクラを利用

もう少しだけ体調を整えたいなぁって思っていたので、風俗の力を借りることに決めました。どうせお店を利用するならなるべく料金の安いイメクラのサービスを受けてみたいと考えたから、早速こちらの店舗に行ってみたんです。調べてみると地元って意外とイメクラ店の数が多く比較しながら最良だと思えるお店を探す楽しみを味わえたし、可愛いと思える女の子がいる店舗も見つけ出せたから、早速こちらの方に通ってみました。若干遠い所にある風俗店だったけどこちらの方にまで行くのは難しくなかったし、コスプレ衣装を着た女の子と出会えたので満足です。今回私と交流してくれた女の子はメイド服を着たスタッフだったのだけど、小柄な彼女の可憐さをより向上させた感じで素晴らしかったです。そんな可愛らしい外見をした彼女にフェラチオをさせると、なんだか自分がとんでもなく鬼畜になった気がします。一応シチュエーションとしてはメイドにいやらしい奉仕をさせる旦那といった感じで、一種の征服欲を満たせた感じになれましたので最高でした。



市川のデリヘルは店舗型より多い

千葉県市川市は江戸川を挟んですぐ隣が東京都江戸川区で都内までのアクセスは近く、非常に利便性の高いエリアではないでしょうか。また県内では松戸市、船橋市とも隣接していることから都内や千葉県の主要都市から近いことから人口も多く、その数は県内4位に位置づけており住宅街や商業施設が建ち並ぶ住みやすい街になっているのです。都内のベッドタウンとしても有名で訪れる方も多く、地元民だけではなく多くの方が行き交う街となっています。人が行き交う人数が多ければ当然風俗店の運営も活発になってきます。市川駅や本八幡駅を中心に店舗型風俗店の運営は活発で本八幡駅周辺ではちょっとした繁華街になっています。イメージとしては市川駅よりも本八幡駅周辺の方が風俗関係のお店が多く無料紹介所等もいくつか見受けられます。しかし、地名では市川の方が有名で本八幡は地元の方以外ではそれほど知られていないのではないかと思います。当然といえば当然で、八幡は地名ではありますが市川市の地名になりますので地元民や県民以外はあまり知られていません。市川市や本八幡を含めても店舗型風俗店は十数店舗程でそれほど多くはないと言えます。店舗型風俗店が少ない理由としては街の規則や規制があるのかはわかりませんが、何かが店舗運営できないストッパーになっているのかもしれません。また市川市では無店舗型風俗店の方が多い印象です。無店舗型風俗店はデリバリーヘルス(デリヘル)となり、店舗を構えなくても届出書さえ管轄区域に指定されている警察署へ提出をすれば運営は出来ます。事務所や待機所があれば運営出来てしまうのでデリヘル以外の風俗店を開業するよりもかなり楽に運営する事が出来ます。こういった新規オープンしやすいのがデリヘルの利点ですが、2000年初頭ではその便利さから爆発的に都内から地方へデリヘルが広まり現在ではデリヘルが無いエリアは余程の田舎町以外ないのではないでしょうか。変な話ですがプレイする場所(屋内)さえあれば何処でもサービス提供出来てしまうので、場所も選ばず何処でも運営できてしまいます。強いて言うなればキャストとなる女の子もいないと運営はできませんが、開業するだけであれば何処でも可能なのです。その便利さから市川でもデリヘルが流行るようになり、店舗型風俗店に反してデリヘル店は店舗数を伸ばしていったのです。人口が多い街では住宅街や小中学校等の公共施設が建ち並んでしまうので店舗型風俗店はなかなか運営できませんが、公に出ず影を潜めながら運営が出来るデリヘルは千葉県の市川市でも活気のある運営ができるのではないでしょうか。